離婚に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市・横浜市の法律事務所が管理しています。

HOME 〉FAQ(よくある質問) 〉不貞行為とは?

FAQ(よくある質問)

相談のご予約、お問い合わせは 0120-141-961

よくある質問

 

Q.不貞行為とは?

一般に考えられる不貞行為は、広い概念のこともあるのですが、裁判では「配偶者のある者が、自由意思で配偶者以外の異性と肉体関係を結ぶこと」とされています。

そのため、多くの弁護士が、不貞慰謝料の請求をする際には、これを前提にしています。

そのような請求を受けた相手が、弁護士に対して、違う意味で「不貞はあったけど・・・」などと言ってしまうと、肉体関係があったものと思われ、話が噛み合わなくなります。

 

自由意思

不貞行為は自由意思によるものですので、たとえば、妻がレイプされた場合、自由意思ではないので不貞行為にはなりません。
逆に、夫が妻以外の女性をレイプした場合は、不貞行為になります。このような理由で、離婚請求は認められます。

 

風俗と不貞行為

不貞行為があった場合、不貞相手である第三者に対して慰謝料請求ができます。

ところが、夫の風俗通いで婚姻関係が破綻したりした場合、風俗嬢に対する慰謝料請求ができるかというと、難しいとされます。
風俗嬢は、客の要望に応じた性行為をしていることから、完全な自由意思での関係をではないと言われます。

そのため、夫が特定の風俗嬢に入れ込んで、婚姻関係が破綻したとしても、風俗嬢に対する慰謝料請求は難しいとされています。

不貞を理由とする離婚

離婚理由の一つとされている不貞行為ですが、ある程度の継続性が必要という考えもあります。

この考えによると、1回だけの不貞行為を立証しただけでは、不貞行為を理由とした離婚が認められないことになります。このような考えによる裁判例もあります。

この場合、継続的・反復的な不貞行為を立証しなければならないことになります。

もちろん、1回しか立証できなくても、その他の事情を立証して、夫婦関係が修復できないことが明らかと認定されれば、「婚姻を継続し難い重大な事由」として離婚が認められることになるでしょう。

 

不貞慰謝料等に関するご相談は以下のボタンよりお申し込みください。

相談のご予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

代表者:弁護士 石井琢磨

〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室

TEL:046-297-4055

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

厚木本店


ジン法律事務所弁護士法人横浜駅前事務所Webサイト

横浜駅前事務所

ページトップへ