離婚に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市・横浜市の法律事務所が管理しています。

HOME 〉FAQ(よくある質問) 〉不倫を言いふらすと?

FAQ(よくある質問)

相談のご予約、お問い合わせは 0120-141-961

よくある質問

 

Q.不倫を言いふらすとどうなりますか?

不貞、不倫がらみでは慰謝料の相談が最も多いですが、それ以外に、不倫の事実を言いふらされるという相談も多いです。

たとえば。職場不倫。

不貞をしている夫に対し、妻が「職場や親族に言いうから」、「相手の女の実家に行くから」と迫るシーン。

 

名誉毀損行為に?

不貞が事実であっても、それを公表することは、名誉毀損になります。

刑法上の名誉段損罪も成立する可能性があります。

仮に刑法上の要件を満たさなかったとしても、社会的評価を下げるような情報になるため、第三者への公表は、民事でも名誉設損として違法行為になるでしょう。

そうすると、不法行為による損害賠償請求ができてしまいます。

実際には、不貞慰謝料が減額される扱いになるでしょう。

 

なお、政治家等の公的な職業では、公共性等が認められることで、例外的に名誉毀損の違法性がなくなることがあります。普通の人でも、これと同じように公表してよいだろうと安直に考えるのは問題です。

 

不貞と脅迫

不倫の情報を公開するから、脅されている場合、これ自体が脅迫行為になることもあります。

このような発言を受けたら、録音、録画等で証拠を残しておくべきでしょう。

脅迫を理由に損害賠償請求や、どうしても止められなさそうな場合には、裁判所の仮処分という方法もないわけではないです。

通常は、暴露行為が違法であることを告知し、警告するだけで止まるとは思いますが、万が一のときには、そのような方法があることを知っておきましょう。

 

 

不貞と名誉毀損等の法律相談は以下のボタンよりお申し込みください。

相談のご予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

代表者:弁護士 石井琢磨

〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室

TEL:046-297-4055

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

厚木本店


ジン法律事務所弁護士法人横浜駅前事務所Webサイト

横浜駅前事務所

ページトップへ