離婚に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市・横浜市の法律事務所が管理しています。

HOME 〉FAQ(よくある質問) 〉不貞相手とのお墓は?

FAQ(よくある質問)

相談のご予約、お問い合わせは 0120-141-961

よくある質問

 

Q.不貞相手とのお墓は?

不貞関係や、重畳的内縁関係の場合、相手と同じ墓に入りたい、お骨をもらいたいという相談もあります。

 

祭祀承継者の指定

高齢者カップルには、遺骨やお墓の問題を切実だと感じている人も多いです。

金銭等の財産と比べて、遺骨、お墓は相続財産から切り離され、法律でしっかりと記載されていないことも多いです。


民法第897条は、お墓等を相続財産から除外し、祭祀財産としています。

祭祀財産は、慣習に従って祭祀を主宰する人が承継するとしています。

死亡した人が祭祀承継者を指定している場合、指定された人が祭祀承継者になります。

そこで、法定相続人以外の、内縁の配偶者等にお墓を管理してもらいたい場合、遺言や文書でパートナーを祭祀の「主宰者」に指定しておくべきです。

口頭でも良いとされていますが、書面化したほうが争いは避けられます。

 

何も指定がないと、慣習に従って決めることになり、多くの場合、長男となりやすいです。

他の人が祭祀承継者になった場合で、お墓や遺骨がほしい場合には、家庭裁判所で争うことになります。

 

お寺、霊園側の反応

相続人ではなく、内縁関係や不貞相手がお墓を管理する場合、お寺側の反応も問題になります。

霊園や墓地の運営者が、墓地の被埋葬者や使用者に親族を要求していることも多いです。

また、一つのお墓には、姓を同一にする親族しか埋葬を認めず、別姓だと埋葬を認めないところもありますので、霊園やお寺と事前に確認・相談しておく必要があるでしょう。

 

 

 

祭祀承継のご相談は、以下のボタンよりお申し込みください。

相談のご予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

代表者:弁護士 石井琢磨

〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室

TEL:046-297-4055

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

厚木本店


ジン法律事務所弁護士法人横浜駅前事務所Webサイト

横浜駅前事務所

ページトップへ